【0学占い】小王星の2020年の運勢は「生長」小王星の性格や相性も解説

0学の運命グラフで今年は生長

0学占いで小王星の今年の流れにについて解説します。

さらに小王星の性格や相性、小王星の芸能人の結婚に見る運命の例なども紹介しつつ、解説していきます。

0学の支配星の調べ方はこちら

0学占いで小王星の2020年の運命は?

0学占いの2020年の小王星は、「生長」の時期にあたります。

この生長時期は昨年から続く春の中でも、春真っ只中というタイミングです。

これからますます上昇運気に乗っていけるかどうか?はちょっとしたコツとあなた次第です。

0学の運命グラフで今年は生長

この開拓期では、今までしてこなかった事や新しい分野にも挑戦をする事でさらに運気が上昇していきます。

変化も受け入れ、これからの未来のために何事にも積極的に取り組むような姿勢が大事になってくるのです。

小王星の【生長期】の過ごし方

0学占いの開拓期は、名称通り、変化を受け入れ新しい事にも挑戦して開拓していく時です。

結果は急がず、あくまでも経験を積んだり、これからに向けて種まきをするような気持ちで可能性を模索しくようなイメージです。

春真っ只中ですから、気持ちも前向きに、起こるあらゆる事がウキウキした気持ちになるはずです。

【生長期】にしておきたい事

  • 人間関係や行動範囲を広げる
  • 初めての事にも失敗を恐れずにチャレンジしてみる
  • 金銭面では浪費を控えて、これから来る運気の良い期間に使えるように計画をする
  • 資格取得や仕事に役立つ事などの勉強をする

生長期ではなかなか結果につながらない事でも無駄にはならず、これからも続く上昇運の中で花開く事もあります。

浅く広くでも良いので、好奇心旺盛に活発に動いていくと良いでしょう。

この生長期に始めた事がのちのち才能として開花したり、ずっと続くような運命にもなります。

小王星の結婚運は?

2020年の小王星は「生長期」ですから結婚にとても向いています。

人と人の繋がりや絆が強くなるので、結婚相手との良縁に恵まれるという事だけでなく、お相手の家族や、仕事などでも良い影響があるでしょう。

昨今の芸能界でもこの「生長期」で結婚を発表するケースが多く、以下の芸能人たちは生長期で結婚しています。

「生長」の年に結婚をした芸能人

  • 小倉優子さん(冥王星)
  • 菊池桃子さん(金星)
  • 橋本マナミさん(金星)
  • 柳原可奈子さん(金星)
  • 速水もこみちさん(金星)

婚活中の方は、仕事がらみの方や意外の方からの紹介でお見合いをする事になったりなどのご縁がありそうです。

いつどんな時も新しい出会いに備える事も出来るよう、服装や髪型などの身なりを整えておくこと心がけて、姿勢も正しく颯爽としたイメージでいられるようにすると良いでしょう。

小王星の運命周期

0学占いで小王星の2020年の運勢は生長期だという事をお伝えしてきましたが、0学は現在だけではなく、過去の出来事の意味も考えていきながら未来も読み解いていく占いです。

小王星の運命グラフで、過去と未来も読み解いていきましょう。

小王星は、昨年が過去3年間の低迷期とも言われる冬の時代があけた春のタイミングでした。

昨年はまだ春が始まったばかりのタイミングなので、思ったようにうまくいかなくて悩む事もあったはずです。

でもここから春のあたたかな風が吹いて、安定した日々にもなるでしょう。

【精算期】2018年

0学占いの運命グラフで「精算」

0地点では信じていた人に裏切られてしまったり人間関係の雲行きが怪しくなってしまった事もあって辛かった人も、ここでは自然と環境を変えられる事が出来ます。

この時期に離れた人や物事はご縁のない事だと割り切り、深追いせずで運命を受け入れましょう。

【開拓期】2019年

0学占いの運命グラフで「開拓」

小王星は今年から春の時期になり、冬の寒い時期を終えてようやく迎える春です。

開拓期では、名称通り、変化を受け入れ新しい事にも挑戦して開拓していく時です。

【生長期】2020年

0学占いの運命グラフで「生長」

生長期は季節でいうと春爛漫とも言える季節、前年に開拓したものの情報をさらに増やして交流の場も広げていく時です。

謙虚に周りの声も取り入れながら行動していく事でさらに良い運気が待っているでしょう。

【決定期】2021年

0学占いの運命グラフで「決定」

決定期は、開拓期や生長期に作ってきた可能性の中から、決断をする事でさらに運気がアップする時です。

不必要だと思う事なら、迷わず切り捨てて、志しを持って行動をしていくと良いでしょう。

この年に運命を変えるような出会いや電撃結婚をする人も少なくありません。

【健康期】2022年

0学占いの運命グラフで「健康」

2022年の健康期になると、人間関係なども今まで順調にうまくいってた事が少し変わってきてしまう事あります。

夏の始まりでもあるこの時期は、全体的には上昇中であっても注意が必要な時期で、文字通り健康や事故に注意しましょう。

この時期では今後も続く夏の時期に備えて、力を蓄えるような気持ちを持ち、焦らず休養する事も必要です。

小王星の性格

0学占いで小王星の性格は、話題も豊富で、大らかで人当たり良くソフトな印象を持たれます。

変化などにも臨機応変に対応出来るので、周りからの支持もありますが、本人はいたってマイペース、迷惑はかけない程度の自由奔放さで、人間関係は広く浅い付き合いを好みます。

先の事はあまり気にならないという方も多く、現実主義、常識的な人です。

小王星の相性

0学占いでの相性は、運命グラフで見ていきます。

0学占いでは、人生が12年というサイクルで上昇したり下降したりしながら進むものです。

この運命グラフで自分の運気が上昇している時に、お相手が低迷期だとかみ合わない事も出てくるはずです。

小王星と相性の良い支配星

0学占いで小王星が2019年に置かれている運命は開拓で、季節にたとえると春の始まりです。

今年から3年間の春の時期は種まきをしておくような期間です。

支配星が同じ小王星の人であれば、同じような運命のグラフをたどるため、分かり合えるという事があります。

小王星以外でも同じように運命のグラフが春の位置、もしくは前後であれば運命の流れが似ているため大きくぶつかる事も避けられます。

【2020年に小王星と同じ春の時期の支配星】

2020年に小王星と同じ春の時期にいるのは、土星(開拓期)と金星(決定期)です。

  • 土星
  • 金星

小王星と相性が良くない支配星

0学占いは、基本的に12年の周期を四季にたとえているので、現在の四季が大きく違っていると相性も良くない可能性があります。

2020年は小王星は「生長」なので春真っ只中のような時期ですが、秋深まる落ち着いた時期の「経済」の位置にいるのは「海王星」です。

海王星は翌年には秋も終わり冬が始まるので、何かを始めるというよりは今までしてきた事をまとめていくような時期です。

小王星がこれから積極的に新しい事にも目を向けて取り組んでいこうとすると、合わないところも出てきます。

特に2年後は顕著で、小王星が真夏なのでギラギラした太陽の下、盛り上がっていきたいような時に海王星は真冬で、おとなしく静かにしていたい時期になります。

こうした運命の周期が大きく違っていても相性が悪いとは言い切れず、お互いが歩みよっていくきっかけにもなり、うまくいけばむしろ強い絆になる事もあります。

小王星と干支で占う12の相性

0学では自分の支配星とお相手との干支の組み合わせで見ていく相性占いもあります。

お相手の干支には0学それぞれの運命名称がつけられています。

0学の支配星は、運命の流れにそって性格や考え方の傾向も変化していくので常に一定ではありませんが、干支との組み合わせで見る相性はある程度安定した傾向がわかります。

お相手の生年月日がわからなかったり聞きづらい場合も、干支は聞きやすいと思いますのでぜひ参考にしてみてください。

下図にお相手の干支と0学の運命名称での相性と特徴をまとめました。

干支との相性早見表

相手の干支 相性の名称 特徴
子(ねずみ) 生長 意欲がわいてくるような影響を受けて人生が豊になっていくような相性
丑(うし) 決定 運気が低迷している時に出会うと積極的な行動が出来るような相性
寅(とら) 健康 問題も生じやすい関係ですが、喧嘩するほど仲が良いとも言われるような相性
卯(うさぎ) 人気 成功につながるようなレールに乗れたり、華やいだ気持ちもなれる相性
辰(たつ) 浮気 肩の力が抜けて、人生の緩和剤となり得るような相性
巳(へび) 再開 最初はピンときてなくても徐々に強い絆で結ばれていくような相性
午(うま) 経済 関わりを持つことでお互いの金運がアップしていくような相性
未(ひつじ) 充実 お互いを引き立てながら適切なアドバイスをしていけるような相性
申(さる) 背信 最初は順調にいってても不意打ちをくらうようなことも起こりがちな相性
酉(とり) 0地点 両極端でドラマチックななことも起こるような相性
戌(いぬ) 精算 これまでの努力が水の泡となるようなことも起こり得るが新しい世界も始まる相性
亥(いのしし) 開拓 明るさや活気をもたらせてくれるような相性

これらの干支の相性は、小王星の運命周期によって多少の変化もありますが、関わり方を考えていく事で良い関係を築いていけるはずです。

小王星が0地点の時の相性

小王星の運命グラフが0地点になる時、2017年、2029年には、いつもの相性とは少し違う動きにもなります。

特に下記の干支の方に特徴があります。

【戌(いぬ)年年生まれのお相手】

小王星と精算の相性になるのは、戌(いぬ)年年生まれの人です。

小王星が0地点にいる時には、支えとなってくれたり、腐れ縁を見極めて断ち切るのには必要な相手になり得ます。

【兎(うさぎ)年生まれのお相手】

小王星と人気の相性になるのは、兎(うさぎ)年生まれの人で基本的に相性が良いお相手です。

ただ、小王星が0地点なる時期には何かと問題も起こりやすいので十分注意をしていきましょう。

【午(うま)年生まれのお相手】

普段はとても良い相性で、金運が上昇し、金銭的に恵まれるようになる相性ですが、小王星は0地点なる時だけは要注意で、逆の事も起こりがちです。

小王星の有名人

小王星の有名人をご紹介します。

自分と同じ小王星であれば同じ運命をたどるという事で気になりますし、親近感もわいてきますね

小王星の有名人は下記になります。

小王星の有名人一覧

  • 安室奈美恵
  • 西野カナ
  • 松嶋菜々子
  • 米倉涼子
  • 稲垣吾郎
  • 堺雅人
  • 渡辺謙
  • 二宮和也(嵐)
  • 松本潤(嵐)
  • 手越祐也(NEWS )
  • 山田孝之
  • 東貴博
  • 安めぐみ
  • ウエンツ瑛士
  • ハマ・オカモト(okamoto’s)
  • 小田井涼平(純烈)
  • 松岡修造
  • 橋下徹
  • ヒラリークリントン
  • 香川真司
  • 吉永小百合
  • 渡辺謙
  • 長澤まさみ
  • 小林麻耶(フリーアナウンサー)
  • バカリズム(お笑いタレント)
  • 矢部浩之(ナインティナイン)
  • 藤田菜七子(騎手)
  • 米山隆一(政治家)
  • マコなり社長(実業家)

安室奈美恵さんは「0地点」で引退発表、「精算」で引退

小王星の有名人の中で、安室奈美恵さんの運命を0学占いの運命グラフで読み解いてみます。

10代から活躍し、結婚、出産、離婚後も第一線で常に時代をリードしてきた存在だったという事は言うまでもないですね

そんな安室奈美恵さんが引退を発表して世間を驚かせたのは、小王星の0地点の時でした。

さらに結婚は決定期、引退を迎えた2018年は精算期でした。

安室奈美恵さんの過去の運命も振り返りながら見てみましょう。

1995年【開拓】
文字通り何事にも恐れずチャレンジしながら開拓していくというこの時期の終わり頃に小室哲哉さんプロデュースが始まり、紅白歌合戦の出場も果たしました。
1997年【決定】
TRFのSAMさんと結婚したのは、0学で決定の時期でした。決定は物事の筋道や進むべき道が明確になる時期です。
1998年【健康】
前年の大晦日の紅白歌合戦の後に1年間の産休に入った年、0学でこの健康期は上昇運の中であっても物事が停滞し、注意が必要な時期とされています。
2001年【再開】
2001年には小室哲哉さんのプロデュースを離れ、第二の出発点ともなった年、この翌年に離婚をしています。
2017年【0地点】
引退発表がされた年は、0地点と言えば人生がリセットされて動きが止まるような時期です。
2018年【精算】
四半世紀にも渡る芸能生活にピリオドを打ち、惜しまれつつ引退したのは0学での「精算」の年でした。

西野カナさんは2019年の「開拓」で結婚、「決定」で出産

小王星の有名人の中で、西野カナさんは2019年の開拓期に入籍もされました。

開拓期はこれから春、夏、秋と上昇運にのって好調な日々が続きますから、結婚生活をスタートするのにも持ってこいの時です。

そして、2020年の「決定」に第一子も誕生するそうで、安定した結婚生活を送っていく事が出来るでしょう。

小林麻耶さんは「精算」で引退、「開拓」で復帰

元TBSアナウンサーで現在はフリーアナウンサーで活躍されている小林麻耶さんも0学占いで金星人です。

妹さんを亡くされた2017年は「0地点」、翌年の「精算」で、結婚と引退、さらにその翌年の「開拓」で芸能界に復帰しています。

目まぐるしい動きをしていますが、0学の運命の名称と合った動きをしています。

ウエンツ瑛士さんは「精算」で芸能界を休業し、留学へ

バラエティ番組等で活躍のウエンツ瑛士さんも小王星人です。

小池徹平さんと組んだWaTではシンガーソングライターとしても人気を博し、2005年の「0地点」でNHK紅白歌合戦に初出演します。

2008年の「生長」で日本アカデミー賞新人俳優賞も受賞し、WaTが解散した2016年は、3年間の低迷期が始まる「背信」でした。

その後、低迷期が終わる2018年の「精算」で突然の芸能界休業とイギリス留学を発表しました。

イギリス留学は「精算」~「開拓」の時期で、新しい事を始めるにはまさにピッタリの時期でした。

2005年【0地点】
小池徹平さんと組んだWaTでNHK紅白歌合戦に初出場。0地点は人生が一度リセットするようなタイミングです。
2008年【生長】
日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。主演映画の「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」が公開され、NHK紅白歌合戦にもWaTとして4年連続出場。
2016年【背信】
3年間の低迷期が始まるタイミングで、WaTを解散。
2018年【精算】
芸能界を休業と1年半のイギリス留学を発表。9月より留学スタート。
2019年【開拓】
芸能界を休業し、イギリスで演技の勉強。

東MAX・安めぐみ夫婦は「小王星人同士」で「人気」に結婚、「充実」で第一子誕生

東MAX(アズマックス)こと東貴博さんと「お嫁さんにしたいタレントNo1」だった安めぐみさんは2人とも小王星人です。

2人が結婚した2011年は「人気」、季節でたとえて真夏の時期、その後第一子が誕生した2015年は「充実」の運勢でした。小王星の運気の良い時に結婚、出産をしています。

さらに干支との組合せの運命の相性では、一回り違いの同じ酉年です。小王星と酉年の運命相性は「0地点」で困難を乗り越えて絆が強まる相性です。

0学と干支の運命の相性とは?

まとめ

0学占いは、特許や商標登録もされている影響力もある占いです。

自分の生年月日とその周期で占うものなので、何度かやってみて結果が変わるという事はないのでむしろ信頼できるものと言えるでしょう。

運命のグラフのリズムを知りながら、そのリズムにうまく乗れるかそうでないのかで人生が好転する事やそうでない事もは大いにあるはずです。

支配星が持つ基本的な性格は変わらなくても、捉え方や言動が変われば起こる出来事も変わります。

0学占いを行動指針として味方につけて、運命を感じながらより良い人生を歩んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。