【0学占い】天王星の2021年の運勢「開拓」性格や相性も解説

0学の運命グラフで2021年は開拓

天王星の2021年の運命や気をつけるべき事を解説していきます。天王星の性格や相性、天王星の有名人などもご紹介。

0学占いでは、人生が12年というサイクルで上昇したり下降したりしながら進みます。0学は特許や商標登録もされている占いで、影響力もある占いです。

自分の支配星は生年月日がわかれば調べる事が出来ます。

0学占いの支配星の調べ方

0学占いで天王星の2021年の運命は開拓

0学占いで2021年の土星は、「開拓」なので、季節にたとえるといよいよ春がきたというタイミングです。

この開拓時期になる前の過去3年は、冬の時期だったのでうまくいかなかった事も多かったのはないでしょうか?

これからは上昇運になりますが、その波にうまく乗っていけるためにはちょっとしたコツがあります。

小王星の2021年は、0学の運命グラフで「開拓」

この開拓期は、新しい分野に挑戦をする事で運気が上昇するので、今までしてこなかった事で興味がある事がないか考えてみましょう。

変化も受け入れ、これからの未来のために何事にも積極的に取り組むような姿勢が大事になってくるのです。

【開拓期】の過ごし方

0学占いの開拓期は、開拓という名称通り、挑戦して開拓してくような事がオススメです。

ただ、結果は急がず、すぐにはうまくいかなくても変化や新しい事を受け入れていきましょう。

あくまでも今は経験を積んだり、可能性を考える時期、種まきをするような気持ちで模索していくイメージです。

冬の時期を終えてようやく迎える春ですから、これからに向けて気持ちも前向きに、あらゆる事がこれからの人生の糧となると考えていきましょう。

【開拓期】にしておきたい事

  • 人間関係や行動範囲を広げる
  • 失敗を恐れずに初めての事にもチャレンジしてみる
  • 計画を立てて行動する
  • 資格取得や仕事に役立つ事など新たな勉強をする
  • 金銭面では浪費は控えながらも、必要だと思うものには投資してみる

開拓期でなかなか結果につながらない事があっても無駄にはなりません。

深く掘り下げるというよりも浅く広くで良いので、好奇心旺盛に動くと良いでしょう。

この開拓期に始めていた事がのちのち才能として開花したり、運命が変わる事にもなります。

天王星の運命周期の流れ

0学は現在や近い未来だけではなく、過去や長いスパンでの運命の流れを考える事が出来ます。

天王星の運命グラフで、過去と未来も読み解いていきましょう。

【背信期】2018年

0学占いの運命グラフで小王星の2018年は「背信」

冬の時期に突入する年でした。

背信期には、人から裏切られたり孤独を感じたりといった事も起こりやすい時期です。

ここでは本来の自分を出す事が困難だったはずです。

【0地点】2019年

0学占いの運命グラフで小王星の2019年は「0地点」

低迷期とも言われる冬の時期の真っ只中です。

0という数字通り、成果も表れにくい時期なので我慢の一年です。

自分からは無理に動かず受け身に徹したほうが無難です。

【精算期】2020年

0学占いの運命グラフで小王星の2020年は「精算」

冬の時期の最後の一年です。

精算期には浄化をする時期でもあり、トラブルや不運があったとしてもそれを浄化し、来年から始まる春の時期に備えるような期間です。

【開拓期】2021年

0学占いの運命グラフで小王星の2021年は「開拓」

ようやく冬の時期を過ぎて、春の幕開けです。

春の最初の一年の開拓期には、新しい事への挑戦をしていくのにおすすめの時期です。

運気もここから右肩上がりになっていくので、この開拓期に始めた事はこれから長く続けられる事になったり、あなたの魅力や才能を高めていくものになります。

【生長期】2022年

0学占いの運命グラフで小王星の2022年は「生長」

生長期は、春満開のような時期です。

交流の場が広がり、人間関係も豊かになりこれからますます運気も上昇していきます。

翌年には「決定期」が待っているので、この年にたくさんの可能性が秘められています。

天王星の性格

天王星は気品があり、ワンランク上を行く高貴な印象を持たれるような方が多いですね

でも、内面は、繊細で感受性も強く、傷つきやすい面も持っています。

研究熱心で持久力もあるのですが、頑固だと思われがちな部分もあります。

一本気なところや真面目さもあり、周りを疲れさせてしまうような事もあります。

元々冷静で堅実な天王星なので、この時期になかなか評価されないような事があっても諦めず、淡々と進めていくような気持ちを持つ事もおすすめです。

天王星の相性

0学占いでの相性は、運命グラフで見ていきます。

12年の運命グラフを四季でとらえたもので同じ季節であれば同じような運命が待っているはずですし、違う季節だとかみ合わない事も出てきます。

天王星と相性の良い支配星

天王星が2021年の運命は開拓で、季節にたとえると春の始まりです。

支配星が同じ天王星の人であれば、同じような境遇になる者同士わかりあえますし、天王星でなくても同じ季節の春なら気をつける事や運命の流れも似ています。

2021年に天王星と同じ春の時期の支配星

  • 土星(生長)
  • 小王星(決定)

2021年に春の時期にいるのは、天王星の他に土星(生長)と小王星(決定)です。

結婚や引っ越しなど避けた方が良い時期も同じであれば生活も進めやすくなります。

天王星と相性が良くない支配星

0学占いで基本的には、運命の流れが大きく違うと相性が良くないです。

2020年は天王星が春の時期なのでこれからどんどんあたたかくなっていくタイミングですが、秋の時期にいる支配星は以下の3つです。

2021年に秋の時期にいる支配星

  • 魚王星(再開)
  • 月星(経済)
  • 海王星(充実)

特に魚王星は、天王星と真逆の位置にいます。

自分が冬の時期に夏の相手だと、自分が寒くて家でおとなしくしていたい時期に、相手は開放的な気分になって積極的に動きたいのであれば噛み合わない事も出てきます。

ただ、こうした運命周期が違っていても、お互いが補い合っていく事でうまくいく相性ももちろんあります。

干支との組み合わせで占う12の相性

2020年に限らずで、0学占いで気になるお相手との相性を占いたい時には、お相手との干支の組み合わせで見ます。

支配星にはそれぞれ特有の性格や考え方の傾向は、常に一定というわけではなく、運気によってその特性が良い方向にいったり裏目になったりもしますが、干支との組み合わせで見る相性はある程度安定しているものと言えます。

お相手の生年月日までは聞きづらい場合も、干支なら聞きやすいと思いますので参考にしやすいと思います。

お相手の干支には、0学それぞれの運命の名称がつけられています。

下図にお相手の干支と0学の運命名称での相性と特徴をまとめました。

相手の干支 相性の名称 特徴
子(ねずみ) 精算 良くも悪くも何か変わってしまうような相性
丑(うし) 開拓 変化や新しい事も受け入れて貰いやすい相性
寅(とら) 生長 ゆったりと穏やかな関係が築ける相性
卯(うさぎ) 決定 信頼出来て頼りになる相性で、公私ともに協力者ともなり得る相性
辰(たつ) 健康 問題も生じやすい関係ですが、喧嘩するほど仲が良いとも言われるような相性
巳(へび) 人気  一緒にいる事で実力以上の運を与え合えたり、好運に恵まれるような相性
午(うま) 浮気  恋愛以外でも気持ちの油断も起こりやすい相性
午(うま) 再開  停滞していた物事に対して再起の意欲がわくような事や、復活が出来るような相性
申(さる) 経済  自分になかったものを気づかせてくれたり、無い物を補え合えるような関係になれる相性
酉(とり) 充実 適切なアドバイスをくれたり、あなたを引き立ててくれる存在で良きパートナーとなる相性
戌(いぬ) 背信 不意打ちをくらうような事が起きたり、離反するような事も起こりがちの相性
亥(いのしし) 0地点 極端になる事が多く予想がつかない事も起こりがちな相性

天王星の有名人

天王星にはどんな有名人がいるのでしょうか?自分と同じ運命を持つ有名人は気になりますよね

親近感もわいてくるのではないでしょうか?

天王星の有名人をご紹介します。

  • 大泉洋
  • 山田洋次(映画監督)
  • 菅田将暉
  • 岩田剛典(EXILE)
  • 三宅健(V6)
  • TERU(GLAY)
  • 松岡充(SOPHIA)
  • 松島聡(Sexy Zone)
  • 江口洋介
  • 及川光博
  • 加藤浩次
  • 小木博明(おぎやはぎ)
  • 太田博久(ジャングルポケット)
  • 安住紳一郎(TBSアナウンサー)
  • 宮崎あおい
  • 宮沢りえ
  • 仲間由紀恵
  • 酒井法子
  • 押切もえ
  • 有村架純
  • 川口春奈
  • 石野真子
  • 中森明菜
  • 南果歩
  • 北斗晶
  • 浅野忠信
  • 太田光
  • 三木谷浩史
  • 前澤友作
  • 唐田えりか
  • 近藤春菜(ハリセンボン)

前澤友作さんは「0地点」でZOZO退任

ZOZOの創業者で元社長の前澤友作さんも天王星です。

天王星は2018年に低迷期が始まり、2019年がリセットされる時期の0地点、2020年が精算です。

2018年にZOZOの不調や、長者番付の順位が落ちた事が報道されていましたが、2019年にZOZOを退任、交際していた女優とも別れています。

まさにリセットという形になっています。

川口春奈さんは「0地点」で大河ドラマの代役に

違法薬物所持で逮捕された女優の代役で、大河ドラマの出演が決まった川口春奈さんも天王星です。

代役が決まった2019年は0地点でしたが、すぐに年が明けて実際にドラマが放送される時は「精算」です。

精算が終わると低迷期も終わり、季節でたとえて春がやってきます。

ここでの頑張りが来年からさらなるステップアップにつながるでしょう。

南果歩さんの2度の結婚と離婚のタイミング

女優の南果歩さんも天王星で、2度の結婚と離婚のタイミングを0学占いの運命を照らし合わせてみました。

  • 辻仁成さんとの結婚(2000年)は「健康」、離婚(2005年)は「充実」
  • 渡辺謙さんとの結婚(2009年)は「開拓」、離婚(2018年)は「背信」

最初の結婚のタイミングは「健康」、子供にも恵まれていますが、5年後の「充実」で離婚、二度目の結婚は「開拓」でおしどり夫婦とも言われていましたが、渡辺謙さんの不倫が発覚し、離婚をしたのが2018年、天王星にとって3年間の低迷期に入る時の「背信」でした。

干支との相性で見ていく運命の相性では、辻仁成さん、渡辺謙さんともに1959年生まれの亥年、天王星と亥年の相性は「0地点」です。

離婚後の2019年の「0地点」では前向きに数週間の短期の留学を繰り返し、0地点で留学をし、学生生活も楽しみ、人生のリセットが出来たようです。

2020年は低迷期の最後の年、翌年からは季節でたとえると春、運気もどんどん上昇していきますから3度目の結婚もあり得ます。

0学占いの離婚」の記事で他の芸能人の離婚時期についても解説しています。

酒井法子さんは「0地点」で交際報道

80年代にのりぴーの愛称で親しまれていた酒井法子さん、女優として活躍し、結婚、覚せい剤所持で逮捕、離婚と様々な事がありました。

酒井法子さんも天王星です。

昨年2019年に交際報道がありましたが昨年は天王星の0地点、低迷期の真っ只中でした。

今年は精算、来年には低迷期があけるのでどのような動きになるのか興味深いところです。

唐田えりかさんは「精算」で不倫報道

おしどり夫婦と言われていた東出昌大・杏夫妻でしたが、2020年に東出さんの不倫で別居報道があり、その後離婚しました。

東出さんのお相手の女優、唐田えりかさんも天王星人です。

唐田さんが映画の共演で東出さんと、知り合ったのは2017年で天王星の唐田さんにとって「充実」の年でした。ただ、翌年にすぐに3年間の低迷期が始まってしまいます。

その間の3年間、不倫を続け、「精算」の年に明るみに。精算という運命が何を現していくのかが興味深いところで今度の動向もチェックしていきたいと思います。

また、干支との組み合わせで占う「運命の相性」では、月星の東出さんから見て唐田えりかさん(丑年)は、「浮気」の運命です。

  • 東出昌大さん(月星)から見て、唐田えりかさん(丑年)の運命の相性は「浮気」

【過去】天王星の2020年までは3年間の低迷期だった

天王星の過去3年間は「背信」「0地点」「精算」と呼ばれる冬の時期でした。

植物や動物でたとえると、土の中に種がうまっている状態、冬眠状態でした。

じっと耐え忍ぶような時期ではありますが、この時期に色々と整えて準備を行っていると2021年から大きく飛躍する事になります。

天王星の2021年は新たな事にチャレンジが吉

天王星の2021年は3年間の低迷期を終えて迎える春、運命の名称は開拓です。

2022年に生長、2023年に決定とこれからどんどん上昇運になります。

開拓の2021年に新たな活動を積極的にチャレンジするのはとてもオススメの時期です。

再来年の決定の時期で良い決断が出来るよう、視野を広く持ってチャレンジしていきましょう。

0学占いは、自分の生年月日で占うものなので、支配星が変わる事はありません。

ただ、0学占いでの運命は変わらなくても、その年の運命を聞いて、その時その時で感じる事も変わrます。

つまり、0学占いでのその年の運命を聞いて、どう捉えて、どうやって問題解決をしていくかで人生が変化していきます。

つまり、支配星が持つ基本的な性格は変わらなくても、捉え方や言動が変われば起こる出来事も変わります。

0学占いでの運命を味方につけて、より良い人生の指針として利用してみてはいかがでしょうか?

記事が参考になったという方や当たったと思った方はコメントもお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。