【0学占い】土星の2020年の運勢は「開拓」土星の性格や相性も解説

0学の運命グラフで小王星の2019年は開拓

0学占いで土星の2020年の運命の名称は「開拓」です。

開拓の時期は、名称通り、新しい事にチャレンジしていくと良いのですが、すぐには結果が出ない事も。

でも、開拓期で始めた事がこれからの運勢に影響します。

土星の芸能人では、開拓期の今年、乃木坂46の白石麻衣さんが卒業、優香さんが出産、フジモンことFUJIWARA藤本敏史さんは開拓に入る直前、昨年末の「精算」で離婚しました。

さらに、土星人の性格や相性も0学占いの周期に合わせて解説します。

支配星の調べ方・一覧はこちら

0学占いで土星の2020年の運命は?

0学占いの2019年の土星は、「開拓」なので、季節にたとえるといよいよ春がきたというタイミングです。

この開拓時期になる前の過去3年は、冬の時期だったのでうまくいかなかった事も多かったのはないでしょうか?

これからは上昇運になりますが、その波にうまく乗っていけるためにはちょっとしたコツがあります。

小王星の2019年は、0学の運命グラフで「開拓」

この開拓期は、新しい分野に挑戦をする事で運気が上昇するので、今までしてこなかった事で興味がある事がないか考えてみましょう。

変化も受け入れ、これからの未来のために何事にも積極的に取り組むような姿勢が大事になってくるのです。

土星の【開拓期】の過ごし方

0学占いの開拓期は、開拓という名称通り、挑戦して開拓してくような事がオススメです。

ただ、結果は急がず、すぐにはうまくいかなくても変化や新しい事を受け入れていきましょう。

あくまでも今は経験を積んだり、可能性を考える時期、種まきをするような気持ちで模索していくイメージです。

冬の時期を終えてようやく迎える春ですから、これからに向けて気持ちも前向きに、あらゆる事がこれからの人生の糧となると考えていきましょう。

【開拓期】にしておきたい事

  • 人間関係や行動範囲を広げる
  • 失敗を恐れずに初めての事にもチャレンジしてみる
  • 計画を立てて行動する
  • 資格取得や仕事に役立つ事など新たな勉強をする
  • 金銭面では浪費は控えながらも、必要だと思うものには投資してみる

開拓期でなかなか結果につながらない事があっても無駄にはなりません。

深く掘り下げるというよりも浅く広くで良いので、好奇心旺盛に動くと良いでしょう。

この開拓期に始めていた事がのちのち才能として開花したり、運命が変わる事にもなります。

土星の運命周期

0学占いでは、現在や未来の状況だけではなく、過去の出来事の意味も考えていきます。

0学占いで土星の2020年の運勢は、3年間の低迷期があけた「開拓期」だという事をお伝えしてきましたが、開拓期では特に過去にヒントもあります。

【0地点】2018年

0学占いの運命グラフで「0地点」

前年から冬の時期が始まり、2018年は最も低迷とも言われる0地点でした。

信じていた人に裏切られてしまったり人間関係がうまくいかなかった事もあったのではないでしょうか?

【精算期】2019年

0学占いの運命グラフで「精算」

精算期には、あまり意識していなくても自然と環境を変わるような事が起こります。

前年の0地点で、謙虚に誠実に立ち向かっていれば、精算の時期に成長につながる事があったはずです。

何事も深追いせずでいる事がオススメです。

土星の芸能人では、タピオカ騒動のあったフジモンが離婚したのも精算です。

【開拓期】2020年

0学占いの運命グラフで「開拓」

3年間の冬の寒い時期を終えて待ち遠しかった春の時期です。

開拓期では、名称通り、変化を受け入れて新しい事にも挑戦して開拓していく時です。

また、この時期に離れてしまった人や物事はご縁のない事だったと割り切りましょう。

【生長期】2021年

0学占いの運命グラフで「生長」

春のあたたかな風が吹くような、安定した日々になります。

生長は季節でいうと春爛漫とも言える時、前年に開拓した情報を活かして交流の場も広げていくと良いでしょう。

周りからのバックアップも期待できる時なので、感謝の気持ちを持って謙虚に接していくとさらに良い運気になります。

【決定期】2022年

0学占いの運命グラフで「決定」

決定期は、決断にせまられるような事が起こります。

また、何かしら決断をする事で運気もアップします。

開拓期や生長期に行ってきた事が形になったり、さらなるチャンスがあるはずです。

志しを持って行動をしていくと良いでしょう。

土星の結婚運は?

0学占いの運命グラフで「開拓」

2020年の土星は「開拓期」ですから結婚にもとても向いています。

上昇運がしばらく続きますからこの時期に結婚して、その後に子供に恵まれる方も多いです。

開拓期での結婚は、電撃結婚というよりは、今まで長く友達だったような相手と結婚する事もあるでしょう。

婚活中の方は、意外の人からの紹介で結婚のご縁になる可能性もあります。

また、結婚相手との良縁に恵まれるという事だけでなく人と人の繋がりや絆が強くなるため、お相手の家族や、仕事などでも良い影響があります。

「開拓」の言葉のイメージ通り、新しい出会いにも颯爽と向かうしていくような心持ちで、いつでもどんな時も新しい出会いに備える事が出来るようにしておくと良いでしょう。

土星の性格

土星人は向上心があり、理想を追い求めるようなところがありますが、一方、合理的なところも合わせ持っています。

周りからは神秘的だったりプライドが高いと思われている所もあるので、ややもすると孤独になってしまう事もあるでしょう。

ただ、0学占いは、人生が12年というサイクルで上昇したり下降したりしながら進むものです。

その運命グラフによっては性格も変化したり、周りの人との相性でも変わってきます。

土星と相性の良い支配星

0学占いで土星が2020年に置かれている運命は開拓なので、季節にたとえると春の始まりです。

支配星が同じ土星の人同士なら、同じような運命のグラフをたどります。

土星人以外でも同じように運命のグラフが春の位置であれば分かり合えるので相性が良いでしょう。

【2020年に土星と同じ春の時期の支配星】

2020年に土星と同じ春の時期にいるのは、小王星と金星です。

  • 小王星(生長)
  • 金星(決定)

土星と相性が良くない支配星

2020年の土星は「開拓」で春が始まり、積極的に動きたくなる時期ですが、冬の時期の支配星とでは合わないところも出てきます。

2020年が冬の時期の支配星

  • 氷王星(背信)
  • 水星(0地点)
  • 精算(天王星)

ただ、これらの運命の周期が反対であってもお互いが歩みよっていくきっかけにもなります。

うまくいけばとても良い相性になる事もあります。

土星と干支で占う12の相性

0学占いでは自分の支配星とお相手との干支の組み合わせで見る相性占いがあります。

お相手の生年月日がわからなかったり聞きづらい場合も、干支は知っていたり聞きやすいのではないでしょうか?

土星と相手の干支の相性早見表

お相手の干支には0学それぞれの運命名称がつけられているので、だいたいイメージもわくと思いますが、下図にそれぞれの相性と特徴をまとめました。

相手の干支 相性の名称 特徴
子(ねずみ) 開拓 新しい事を始めたくなったりチャレンジしていけるような相性
丑(うし) 生長 一緒にいると心穏やかでいられるような相性
寅(とら) 決定 協力者となり、積極的に行動していけるような相性
卯(うさぎ) 健康 トラブルも起こりがちですが、良き理解者にもなっていく相性
辰(たつ) 人気 一緒にいる事で実力以上の事も発揮出来たり、人生が好転するような相性
巳(へび) 浮気 関わり方によって両極端になるのでうまく乗り越えていきたい相性
午(うま) 再開 停滞していたような事が動き出したり、不思議な力を持つような相性
未(ひつじ) 経済 収入アップや金銭面で豊かになったり、お互いを補えるような相性
申(さる) 充実 一緒にいる事で絆が深まり、安定した関係を築いていけるような相性
酉(とり) 背信 裏目に出るような事も多いが、人として成長もしてけるような相性
戌(いぬ) 0地点 神秘的で予想もつかないような事も起こりがちな相性
亥(いのしし) 精算 変化があり、関わり方によって良くも悪くもなる相性

これらの干支の相性を知って、関わり方を考えていく事で良い関係を築いていけるはずです。

支配星の運命周期によって多少の変化もあるので、自分や相手の支配星の運勢も考えながら接していくとさらにオススメです。

土星の有名人

土星の有名人をご紹介します。

自分と同じ土星の有名人は親近感もわいてきますね

土星の有名人一覧

  • ディーン フジオカ
  • 近藤真彦
  • 長瀬智也(TOKIO)
  • 井ノ原快彦(V6)
  • 永山瑛太
  • 山本裕典
  • 押尾学
  • 有吉弘行
  • 羽生結弦
  • 松山英樹
  • 假屋崎省吾(華道家)
  • 内村光良(ウッチャン)
  • 千原ジュニア
  • はなわ
  • 藤本敏史(FUJIWARA)
  • ノンスタイル井上(NON STYLE)
  • 石田純一
  • 山本太郎
  • 田中みな実
  • 白石麻衣(乃木坂46)
  • 上野樹里
  • 優香
  • 菊地亜美
  • 清野菜名
  • レディー ガガ
  • 工藤静香
  • 飯島直子
  • 斉藤由貴
  • 箕輪はるか(ハリセンボン)

FUJIWARA藤本敏史さんは「精算」で離婚

おしどり夫婦としてCMなどにも出演されていたお笑いタレントの藤本敏史さんも土星人です。

昨年の「精算」の年の大晦日に離婚を発表するという結果となりました。

前妻の木下優樹菜さんは冥王星で、昨年は「決定」の年でした。

タピオカ騒動がありましたが、それが決定打になってしまったのでしょうか。

乃木坂46白石麻衣さんは「開拓」で卒業

女性アイドルグループ乃木坂46の絶対的エースと言われていた白石麻衣さんも土星人です。

年明け早々に卒業を発表されましたが、開拓の年の始まりですから、とても良いタイミングです。

既にモデルや女優としても活躍されていますが、ますます新たな分野を開拓していく事でしょう。

優香さんは「充実」で結婚、「開拓」で出産

優香さんも土星人で、結婚したのが2016年で充実の年、その後すぐに3年間の低迷期に入りましたが、低迷期があける2019年の精算で妊娠を発表しています。

2020年の開拓で第一子出産予定との事で、とても良いタイミングです。

菊地亜美さんは「0地点」で結婚、「開拓」で第一子出産

アイドルグループのアイドリングの元メンバーで多くのバラエティ番組で活躍する菊池亜美さんも土星人です。

菊地亜美さんは2018年に一般男性と結婚されましたが、2018年の土星は12年に一度人生がリセットされる「0地点」。

0地点では結婚などの大きな動きは避けたほうがいいとも言われますが、芸能人などの注目を浴びる職業の方はむしろ0地点の結婚でいったん大きくリセットしたほうがうまくいく事もあるのです。

2020年の「開拓」で第一子出産、翌年には「生長」となり、ママとなってますます活躍される事でしょう。

まとめ

土星人にとって2020年は、春の始まり、気持ちもウキウキしてくるような時です。

この時期には積極的に動いていくとさらに運気が上昇していくでしょう。

0学占いの運命の流れを行動指針としていくと、計画も立てやすいはずです。

0学占いの運命周期は、1年毎だけではなく、1ヶ月毎、1日毎にもあるので、もっと詳しく知りたいという方は、スマホで見られる開祖0学占術もあるのでオススメです。

開祖0学占術についてはこちら

0学占いが貴方の日々の生活の良きパートナーとなりますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。